(2018.2.25更新)

気 ままに自然観察 ーロゼット図鑑ー

ツボミオオバコ (オオバコ科)



2009.3.30 千葉県浦安市
・北アメリカ原産の帰化植物
・1年草(越年型)
・葉には白っぽい毛が生えています。
・「名前の由来は、開花しても花がほとんど開かず、ずっとつぼみのままに見えることから・・・・、」ということだと思っていたのですが、実際は、花冠が開 かないものだけでなく、ちゃんと花冠が開くタイプのものもあることがわかりました。
ネットをみると、花冠が開いて中から長めの雄しべが出ている画像が、見受けられます。

 学名で検索するとアメリカ合衆国などでは、花冠が開いている画像が結構多く、いろんなタイプがあるようで、「閉鎖花も普通に見られる。」というような書 き方がされていました。

私の周囲では、ほとんど開かないタイプしか目につきませんが、きっとその気になって探せばあるような気がします。よく見てみようと思います。



2016.3.10 千葉県浦安市



2009.4.19 千葉県浦安市



2015.5
もう花穂が出ていました。


このページのトップへ
「ロゼット図鑑」トップへ
「気ままに自然観察」topへ