気 ままに自然観察 ー冬芽と葉痕ー 

(2017.2.6 更新)

<クマツヅラ科>

・クマツヅラ科の冬芽は、普通、対生についています。
・見た範囲では、側芽の下に予備の芽を持っているものが、多いようです。

(ムラサキシキブ属)


ムラサキシキブ

・落葉低木
・葉は対生

・裸芽
  芽鱗などがない裸芽で、細かな毛に覆われています。2対の幼葉が見え、葉の形がわかります。
 基部に、小さな予備芽があります。

・葉痕は半円形〜平円形
 維管束痕は1個で突き出ています。



*2012.9.26 千葉県四街道市

*2013.9.26 東京都 向島百花園

*2009.10.25 長野県富士見高原

2009.10.25 長野県富士見高原

2006.1.15 東京都 東御苑

2006.1.15 東京都 東御苑

*2006.1.19  東京都目黒自然教育園


*2006.3.11 東京都 目黒自然教育園

2004.3.27 東京都 明治神宮


コムラサキ

・落葉低木
・鱗芽
 側芽は、丸い 形で2〜3対の芽鱗がありますが、淡褐色の星状毛で覆われているので、はっきりみえません。
・側芽のすぐ下に、予備の芽があります。
・枝先は枯れ落ちてしまって、頂芽はありません。

・葉痕は半円形〜平円形
 維管束痕は1個で突き出ています。


2008.12.13 千葉県浦安市


2008.12.13 千葉県浦安市

2006.1.26 東京都 北の丸公園

2006.1.26 東京都北の丸公園


2007.3.7 千 葉県浦安市


2007.4.6 東京都 北の丸公園


ヤブムラサキ

・落葉低木
・葉は対生

・裸芽
 細かな星状毛に覆われています。
 基部に予備芽があります。
・葉痕は半円形〜平円形
 維管束痕は1個で突き出ています。

・枝は星星状毛が密生しています。

2010.10.13 東京都 小石川植物園

2010.10.13 東京都 小石川植物園

2010.10.13 東京都 小石川植物園

2010.10.13 東京都 小石川植物園



(クサギ属)


クサギ

・落葉小高木
・葉は対生
・裸芽
 紫褐色の毛に覆われています。
・側芽の下に予備の芽があります。
・葉痕は丸いハート型〜楕円形で、維管束痕がU字形に並んでいます。


2004.12.11 東京都千代田区

2006.1.28 東京都新宿区

2005.2.26 東京都千代田区

*2006.4.1 東京都千代田区

ボタンクサギ

・低木 亜熱帯では常緑、暖帯では落葉
・葉は対生
・裸芽、紫褐色の毛に覆われています。
・側芽の下に予備の芽があります。 
・葉痕はハート型〜楕円形で、維管束痕がU字形に並んでいます。
・中国南部〜インド北 部原産


2009.12.14 千葉県浦安市

2009.12.14 千葉県浦安市

(ハマクサギ属)


ハマクサギ

・落葉小高木
・葉は対生

・裸芽
 頂芽は広卵形〜球形
 黄褐色の毛に覆われている。
・側芽は頂芽に比べて小さい。
・葉痕は半円形〜ハート形で、隆起する。

2014.9.12 東京都 目黒自然教育園


(ハマゴウ属) 


ハマゴウ

・落葉〜常緑低木
 千葉県では落葉〜半落葉ですが暖かい地域では常緑になるとのこと。
・葉は対生  
・横からみると上の大きな芽が主芽で下の丸い小さな芽が予備芽ということが よくわかります。
・小さいので裸芽かどうかわかりません。


2007.1.11 千葉県浦安市

2007.1.11 千葉県浦安市

2007.1.11 千葉県浦安市

2008.2.14 千葉県浦安市

*2013.1.17 千葉県浦安市

*2013.1.17 千葉県浦安市

*2013.1.17 千葉県浦安市

セイヨウニンジンボク

・落葉低木
・葉は対生

・冬芽と葉痕の感じが同じ属のハマゴウと似ています。


2007.3.14 千葉県浦安市


2007.3.14 千葉県浦安市


2007.3.14 千葉県浦安市


2008.2.14  千葉県浦安市

2008.2.14 千葉県浦安市



上に戻る

「気ままに自然観察」topへ