気 ままに自然観察 ー樹の花 マイ図鑑ー

ハナノキ(花の木)

カエデ科  カエデ属 Acer pycnanthum 別名:ハナカエデ


雄花序 2010.3.11 東京都 皇居外苑

雄花序
2005.3.26 東京都 皇居外苑

・落葉高木

・日本固有種 

・葉は対生

・雌雄別株

・花期は3〜4月

・葉の展開前に紅色の花を開花します。

・雄花の花弁は0〜5個、萼は5個
 雄しべは、5〜6個

※最近、緑化樹木として使われているのを見かけるようになりました。

(2009.11記)

雌花序
2005.3.26 東京都皇居外苑

・雌花は、花弁は4〜5個、萼は5個
 雌しべの先は、二つに分かれています。

・花序は、紅色で2〜3cm


未熟果
 2006.4.1 東京都 皇居外苑

・果実は翼果で2分果です。

←花が散って子房が少し大きくなった状態です。翼も赤いです。

まだ、葉が出ていないので、よく目立ちます↓。


2006.4.1


2005.12.8 東京都新宿御苑

・葉は浅く3裂しますが、切れ込みがないものもあります。

・よく似ている近縁種のアメリカハナノキの葉は、切れ込みが 3〜5ではっきりしていて、葉の幅も広いです。



 2005.11.27 東京都 皇居外苑

←紅葉がきれいです。

2005.12.8 東京都 新宿御苑

・冬芽は、芽鱗に覆われた鱗芽です。

・頂芽があります。

冬芽と葉痕」へ


2005.12.8 東京都 新宿御苑

←新宿御苑の温室の近くにあるハナノキです。幹が太く存在感があります。周りは、赤や黄色の落ち葉が絨毯のように一面に積もっていました。

樹肌」へ

上にもどる
「気ままに自然観察」topへ