気 ままに自然観察 ー冬芽と葉痕ー 

2018.3.16 更新)

 <スイカズラ科>

(タニウツギ属)


タニウツギ

・落葉低木
・鱗芽
 対生
 卵形〜球形
 芽鱗は赤褐色で無毛、4〜6対

・葉痕は三日月形〜三角形
・維管束痕は3個


2009.5.1 福島県雄国沼


ハコネウツギ

・落葉低木
・鱗芽
 対生



2007.1.22 千葉県浦安市

2007.1.22 千葉県浦安市浦安市


2010.2.2 東京都 葛西臨海公園

2007.2.12 東京都 葛西臨海公園

(スイカズラ属)



ウグイスカグラ

・落葉低木
・鱗芽、対生
 楕円形で長さ2〜4ミリ、芽鱗は2〜4枚で薄く、淡褐色〜黄白色で無毛、
 頂芽はやや大きく卵形
・葉柄が残るので葉痕は見られない。


2006.1.15 東京都 東御苑


(ツクバネウツギ属)


ハナツクバネウツギ

 別名
  ハナゾノツクバネウツギ
  アベリア

・落葉低木
・鱗芽
 対生


2006.1.29 東京都 新宿中央公園

2006.1.29 東京都 新宿中央公園


(ガマズミ属)


ガマズミ

・落葉低木
・鱗芽
 対生
 長さ3〜5ミリの卵形
 頂芽は1個でやや大きい、
 芽鱗は帯紫暗褐色で粗毛が生える、
・葉痕は浅いV字形
・維管束痕は3個



*2012.9 千葉県四街道市

2012.9 千葉県四街道市


2006.1.19 東京都 目黒自然教育園

2006.1.19 東京都 目黒自然教育園

2006.1.26 東京都 北の丸公園



ミヤマガマズミ


・落葉低木

・鱗芽
 芽鱗は2対、外側の1対は小さい。



2012.12.6 東京都 東御苑

オトコヨウゾメ

・落葉低木
・鱗芽
 対生
 紡錘形で先が尖る。
 芽鱗は黒紫色〜暗紅色でつやがあり無毛。
 花芽は卵状球形で先が少し尖る。
・葉痕はV字形〜三日月形
・維管束痕は3個

花芽
2009.11.8 東京都文京区 

花芽
 2006.1.15 東京都 東御苑

葉芽
 2006.1.15 東京都 東御苑

サンゴジュ

・常緑高木
・鱗芽
 対生
 長さ8〜17ミリ
 芽鱗は2〜3対ある。
・葉痕は半円形
・維管束痕は3個



2003.1.23 東京都千代田区

2003.1.23 東京都千代田区

2010.2.2  東京都 葛飾区

2009.3.25 千葉県浦安市

ゴマギ

・落葉小高木
・鱗芽
 対生 
 長卵形でやや扁平
 長さ5〜8ミリ
 頂芽は大きい。
 芽鱗は帯灰褐色で2対 内側のものには毛がある。
・表痕は三日月形〜V字形
・維管束痕は3個

2011.6.16 東京都水元公園 

*2011.6.16 東京都水元公園

2006.10.14 千葉県松戸市

2009.11.12 千葉県松戸市


ヤブデマリ

・落葉低木〜小高木
・鱗芽
 対生
 長さ4〜9ミリのち長楕円形〜紡錘形で先が尖る。芽鱗は帯灰紫色〜暗褐色で表面には垢状の星状毛がある。
 2枚の芽鱗がぴったりと合わさって芽を包んでいる。
・葉痕はV字形〜三日月形〜三角形
・維管束痕は3個


2007.3.4 千葉市泉自然公園


2007.3.4 千葉市泉自然公園


2007.3.4 千葉市泉自然公園


2007.3.4 千葉市泉自然公園


2007.3.4 千葉市泉自然公園


*2010.3.26 千葉市泉自然公園

オオデマリ

・園芸種
・鱗芽
 紡錘形

・葉痕は三日月形〜V字形
・維管束痕は3個

2008.2.22 千葉県浦安市

2008.2.22 千葉県浦安市

2008.2.22 千葉県浦安市

2007.3.4 千葉市泉自然公園

ムシカリ

・落葉小高木
・早くに裸芽になる。
 紡錘形で長さ10〜15ミリ
 芽鱗は早落性なので、普通は裸芽になるようですが、右のものは芽鱗が落ちないで 残っていました。
 
・葉痕は半円形〜心形〜三角形
・維管束痕は3個


2007.4.29 岐阜県鍋平高原

2007.4.29 岐阜県鍋平高原

2009.5.1 福島県雄国沼

花芽と葉芽
2009.5.1 福島県雄国沼

葉芽
2009.5.1 福島県雄国沼



(ニワトコ属)



ニワトコ

・落葉低木〜小高木
・鱗芽
 長さ6〜10ミリの長卵形
 丸々としているのは混芽、ほっそりしているのは葉芽 

・葉痕は皿形〜半円形
・維管束痕は3個


*2012.9.千葉県四街道市

2004.11.28 東京都 目黒自然教育園

2004.1.18 東京都 北の丸公園

2006.1.19 東京都 目黒自然教育園




上に戻る

「気ままに自然観察」topへ