( 最新更新日 2019.1 )




表紙写真一覧18.6.19 更新
  ○植物編
  ○動物編
「冬芽と葉痕」487種 18.3.18 更新 )
 < おもしろ顔30選!>
「樹肌(樹皮)」408 種 18.2.5 更新)
  <おも しろ顔 樹肌編>
「芽生え(樹木)」(51 種 15.4.9 更新)
「樹の花 "マイ"図鑑」(176 種 17.3.3 更新)
「草の花 "マイ"図鑑」(120 種 18.1.21 更新)
「ロゼット図鑑(地面のバラ模様)」(87種 18.4.1更新)

「実 体顕微鏡写真集」(17.2.27更新)
「三番瀬で出会った生き物 たち」(18.6.25更新)
「江戸川放 水路で出会った生き物たち」(12.5.29)
「出会った虫やクモたち」296 種 18.1.29 更新)
「出会った鳥たち」18.1.29 更 新)
「浦安で出会った鳥たち」(16.12.25 更新)
「宮古島の 海で出会った生き物たち」
「観察ノート」(15.5.16 更 新) 
  「楽しいネイチャークラフ ト」(18.12.4 更新)
浦安自然観察会のページ


浦安-樹木データベース ( 64種  11.2.18更新 )


 

名前が、干支のイノシシに関係する植物を集めてみました。
 イノシシに関わるの名前の植物は、あまり多くありませんでした。イノコヅチ(ヒユ科)、イ ノデ(シダ植物)の2種類は、ふだんからよく見かけるので、すぐに頭に浮かびましたが、後が続きませんでした。調べたら、シシウド(セリ科)のシシが漢字 名では「猪」と表されるとがわかって、「やっと3種類!」。それ以上見つからず、どうしよう・・・と思っていらた、たまたま台湾でタブノキ(クスノキ科) が「猪脚楠」と呼ばれていることがわかり、なんとか4種類になりました。
 イノコヅチの名前の由来は、茎の節の膨らみが、イノシシの膝に似ているからと思っていまし たが、今回、改めて名前の由来について調べて見たら、トゲ状の苞葉が着いている果実の形が、亥の子祭りという祭りで使われる槌(地面を締め固める槌に模し たもの)に似ていることによるという説もありました。漢字での表記も、「猪小槌」ではなく、「猪子鎚」です。
 じゃあ実際のイノシシの膝はどうなっているのか、イノシシの写真を見てみると、大人のイノシシは体の大きさの割に脚が短いせいか、あまり膝頭が目立ちま せんが、うり坊の時は脚に比べて体が小さいので、膝頭の存在が感じられました。
 どちらもイノシシの子どもがらみの説で、どちらもそれなりに説得力を感じます。

 イノデという名前は、葉柄が褐色の鱗片に覆われているようすが、イノシシの手に似ていることによると言われています。

 シシウドは、大きく勢いが強いことをイノシシに例えたことによるとか、イノシシが食べるから、イノシシしか食べないからなどいろいろな説があるようで す。
 



■道草コーナー

花の小部屋(花のカット集です。)

花の折り紙

■お薦めコーナー

三番瀬を未来に残そう このHPは東京湾の奥部に残る干潟・浅瀬「三番瀬」に関する情報を掲載しています。 ぜひ訪問してみてください。

リンクのコーナー


〇更新メモ



 「気ままに自然観察」にアクセスしていただき、ありがとうございます。
趣味で自然観察をやっています。散歩がてら、花や虫など興味を引かれたものを、デジカメでメモ代わりに撮ってきました。写真は増える一方で、撮ったときの ことを忘れないうちに整理しなくては思い立ち、ホームページを作ってみました。すこしづつ充実させていきたいと思っていますので、よろしくお願いします。
 いろいろ間違っているところがあると思います。ご指摘いただければありがたいです。また、ご意見、ご感想も、こちらのメールまでお願いします。

 リンクフリーです。その際ひとことお知らせいただけるとうれしいです。( koko ) .

copyright koko 小林恵




(開  設) 2005.11.21