( 最新更新日2020.1.5)




「表紙写真集一覧」(20.1.5 更新)
  ○植物編
  ○動物編
「冬芽と葉 痕」 490種 19.11.30 更新 )
 < おもしろ顔30選!>
「樹肌 (樹皮)」413 種 19. 12.6更新
  <おも しろ顔 樹肌編>
「芽生え(樹木)」(51 種 19.5.9 更新)
「樹の花  "マイ"図鑑」(178種 19.11.30 更新)
「草の花 "マイ"図 鑑」(131種 19.11.22 更新
「ロゼット図 鑑(地面のバラ模様)」(100種 19.11.10 更新)

「実 体顕微鏡写真集」(17.2.27更新)
「三 番瀬で出会った生き物 たち」(18.6.25更新)
「江戸川放 水路で出会った生き物たち」(12.5.29)
「出会った虫やクモ たち」(300 種 19.9.11 更新)
「出会った鳥たち」(19.2.15更 新)
「浦 安で出会った鳥たち」(16.12.25 更新)
「宮古島の 海で出会った生き物たち」
「観察ノート」19.2.8 更 新) 
  「楽 しいネイチャークラフ ト」20.1.1 更新
浦安自然観察会の ページ


浦安-樹木データベース ( 64種  11.2.18更新 )


 

 あけましておめでとうございます。
 今年の干支の”ネズミ”が 名前に含まれている植物を集めて見ました。

 ネズミモチ(モクセイ科)の名前の由来は果実の色や形がネズミのふんに似ているからとか。

 ネズミサシはネズ(ヒノキ科)の別名で、葉の先が鋭く尖っていて、枝をネズミの通り道に置いておくとネズミが近寄れないということからついたとのことで す。球果は、種麟が肉質化してくっつき液果状なっています。

 ネズミムギ(イネ科)は、牧草や緑化用として導入されたものが野生化してあちこちに広がっています。ホソムギとの交雑種が多いようです。

 オクナ・セルラタ(オクナ科)は南アフリカ原産の低木で、植物園の温室などで見かけます。日本に導入された時、英名がミッキーマウスツリーだったのでそ のまま、ミッキーマウスの木と呼ばれるようになったとか。上の画像から、ミッキーマウスの顔を連想するのは難しいですが、赤くなった萼片と膨れた花床に黒 く熟した果実が3個付いていると、見る角度によってミッキーマウスの顔に見えなくもない(?)・・・。
複数個の果実に対して、花柱は花床に残っている1本のみで、果実とは花床を介して繋がっているようで、変わった見慣れない構造ですね。

 他にもネズミノオとかもありましたが、うまく格好がとれないので、割愛しました。


■道草コーナー

花の小部屋(花のカット集です。)

花の折り紙

■お薦めコーナー

三番瀬を未来に残そう このHPは東京湾の奥部に残る干潟・浅瀬「三番瀬」に関する情報を掲載しています。 ぜひ訪問してみてください。

リンクのコーナー


〇更新メモ



 「気ままに自然観察」にアクセスしていただき、ありがとうございます。
趣味で自然観察をやっています。散歩がてら、花や虫など興味を引かれたものを、デジカメでメモ代わりに撮ってきました。写真は増える一方で、撮ったときの ことを忘れないうちに整理しなくては思い立ち、ホームページを作ってみました。すこしづつ充実させていきたいと思っていますので、よろしくお願いします。
 いろいろ間違っているところがあると思います。ご指摘いただければありがたいです。また、ご意見、ご感想も、こちらのメールまでお願いします。

 リンクフリーです。その際ひとことお知らせいただけるとうれしいです。( koko ) .

copyright koko 小林恵




(開  設) 2005.11.21